ゲレンデ

ばんけいの森 さっぽろばんけいスキー場

ばんけいの森 さっぽろばんけいスキー場は、札幌中心部からわずか20分で、さまざまなチャレンジを楽しむことのできる究極の都市型スキー場です。

札幌中心部と同じ中央区に位置し、地下鉄とバス、または車でのアクセスに便利で、ナイター照明で照らされるゲレンデは午後10時まで営業しており、仕事や学校が終わった後の楽しみを札幌市民に提供しています。

また、スキーやスノーボードとウェアのフルセットレンタルを提供しており、道具を持参することなく、“手ぶら”で雪を楽しむことができます。


最上部は、標高482m。ゲレンデは初心者・家族向け6コース、中級者向け4コース、技術が求められる上級者向け4コースの全14コースがあります。 小さな子ども向けの遊び場「スノーキッズパーク」ではスノーチューブが楽しめるほか、初心者向けのスノーエスカレーターがあり、また託児ルームサービスを利用して、ママパパも思いっきり楽しむことができます。


子どもや家族向けの施設が充実しているほか、ゲレンデの安全なコースを歩く・登る・滑る=シ-ルウォーキング、難易度の高い中級者・上級者向けのコースやスノーパーク、国際競技会基準のハーフパイプ、傾斜27度のモーグルコースなどスキーヤー・スノーボーダーを魅了しています。

ban.Kハーフパイプは、長さ180m(アプローチエリアからゴールエリアまでは230m)、幅20m、高さ5~6m、傾斜角17度で、国内最大。 FISスノーボードワールドカップ2016札幌大会(ハーフパイプ)を開催。2017冬季アジア札幌大会(モーグル、ハーフパイプ)の開催会場になっています。



ban.K GreenSeason

冬のばんけい

冬のばんけい

PAGETOP
Copyright © 札幌|ばんけいスキー場公式サイト All Rights Reserved.